無料同人ゲーム無料同人ゲーム無料同人ゲーム無料同人ゲーム無料同人ゲーム無料同人ゲーム無料同人ゲーム無料ゲームダウンロードたくさんできる!フリーゲームダウンロード自作同人ゲーム制作無料NO.1定番サイト!

ダウンロード無料,ゲーム無料ダウンロード,ダウンロード無料ゲーム,ダウンロードゲーム無料,フリーソフト,フリーウェア,ゲームソフトダウンロード!

アドベンチャー&ロープレ&パズル&クイズ無料フリーダウンロード可!

download,free,game,ADV,RPG,FF,
まるで「あとがき」のようなページ
無料配布中!!!
レッグさん2
前作「レッグさんの日常」 というアドベンチャーゲームで独自のシュールなナンセンスワールドを展開しつつ、アングラ街道を突っ走って きたオロチレーベル・ゲーム制作部ですが、今回は非常にクオリティの高いモノとなっております。 まず、我々が常に掲げているコンセプトの 「ファミコンっぽさ」 ですが、リアリティを追求するコトはゲームクリエイターなら誰にでも持っている命題であります。 しかし、だからと言ってグラフィックをフルCGにしたり、BGMを高音質したらいいか? と言うと答えは「NO」 です。リアリティと言うのは感じるものであって、目で見たり、耳で聞いたりするものではないと思う のです。ファミコンにはリアリティがありました。もちろん、プレステにもリアリティはあります。 しかし、リアリティの度合いで言えば対した差はないと思うのです。
「レッグさん2」 は、そんな気持ちを込めて作りました。グラフィックも遠近法全く無視、デッサン なんてしたことなし、ソフトは普通のペイントソフトですし、音楽もファミコン同様、3音+ドラムに こだわりました。
次に目指したコンセプトは 「アドベンチャーゲーム作成ソフトじゃ作成できないアドベンチャーゲーム」 を作ろうということです。せっかくプログラムから作っているので、単純に思い付いつきました。 詳しく言うと3点の新システムをアドベンチャーゲームに取り入れました。 その3つとは、まず 「ランダムストーリシステム」を取り入れたこと、そして 「称号システム」を取り入れたこと、最後に 「コマンド方式の戦闘」 を採用したことです。これに関しましては、下にチョット書いてありますので参考にして下さい。 ただのアドベンチャーゲームではないということはわかって頂けたと思います。
上はタイトル画面です。拡大して見ればわかるとおり、このゲームは学園モノのアドベンチャーで、 3人までプレイできる(これはウソ) らしいのですが、かなりファミコンを意識したタイトル画面です。また、下の会社名が (無) だったりCが反対だったりと、 このゲームの取り巻く環境がいかに異常か がわかります。このゲームを例えるなら、甘くせつない青春時代をシミュレートしつつ、麻薬のような 常用性と危険性を兼ね備えた、道徳的にはギリギリのアドベンチャーです。悩みたがりのアングラ系の 人達や、ひたすらポップを求めるオルタナな人達まで十分に楽しめる作品となっております。美少女好き にはたまらないイベントも満載ですので、ぜひダウンロードして頂けるようお願い申し上げます!
レッグさん
ストーリ

このゲームの主人公で首から上が足と言う、珍しいヒト。
性格は短気で自信家。ホレやすいがシャイ。意外と理論派で努力家の一面もある。
A型のさそり座でボケ担当
レッグさんと卍丸は「聖梵(セントボン)学園」 の2年生(10回くらい留年した)。基本的にいつも授業をサボッているが、ひとたび行動を起こすと、 かならず騒動をおこす問題児コンビ。
ある日、一年生にすごくカワイイ女子(マキ)がいるという情報を知り、 さっそくチェックしに行くことになるが・・・?
基本的にマルチストーリなので、ここからは君次第だ!!!
卍丸
ゲームの目的
レッグさんの唯一のダチで、いつもいっしょに行動している。 スキンヘッドとサングラスが特徴。
性格は楽天家でお調子者。意外に正義感が強く度胸もあるが、いつもはヘラヘラしている。
O型のおひつじ座でツッコミ担当
基本的にこのゲームはストーリ上に散らばっている 「称号」を集めることが目的である。 しかも15個もあるから、エンディングが15ある様なモノだ。普通のアドベンチャーゲームは マルチエンディングだとしても、15回もやる必要はないが、このゲームは15個もある上に すぐ死ぬから、最低100回はやらないと真のエンディングにはいけないようにしてある。 ここら辺の無理な設定が、ある意味 「ファミコン」っぽい。でもストーリがやるたびに変わる 「ランダムストーリシステム」を採用しているし、 セーブ機能も付いているので充分可能な数字だ。
マキ
コマンド方式の戦闘モード
レッグさんの後輩で、レッグさんの本命の一人。
性格はマイペースで妹タイプ。
ストーリではまあまあ重要な役割をはたしているヒロイン的存在。
趣味は寝ることと食べること。天然っぽいとよく言われるが、 実はそうじゃない。
せっかくプログラムから作っているので、なんか違うシステムを 取り入れようと思って、ありがちだが、戦闘画面はロープレでお馴染みの 「コマンド方式の戦闘」を 採用した。戦闘画面ではこのゲームの目的である 「称号」がドラクエで言う呪文の様な役目を果たして いるので、ある意味、RPG要素を取り入れたことになる。しかも戦闘画面が出てくるのはかなり 後半なので、中々お目にかかれないプレイヤー諸君も出てくることだろう・・・ さらにニセ3Dダンジョンなども後半部分に出てくるので、自分で言うのもなんだが非常に奥が深い ゲームだ。そこまで行くのには最低50回はやらなければならない・・・
「レッグさん2.5」!
レッグさん2でいろいろやりすぎて、その反動で作ったような話。
自分で言うのも何だが、全体的に話が暗い。前回でバカをやりすぎたのか、 今回で元に戻ったのかどうかは自分でもわからないが、いずれにしても、 非常に恥ずかしい作品である。
でも、もともと私はシリアスな中にナンセンスを見出すような・・・ いや、ナンセンスの中でシリアスをやるような話が好きで、 その場の雰囲気をわざと重くしたりする。それも1つのナンセンス なんだけど、そうとは思われていないらしく 「ギャグは少なくなったぞ!」 と言うお叱りを受け、非常に反省しています。
話はどうしても、説教くさくなってしまうのは、私の悪いところでもあり、 得意技でもあります。もちろん私の目標は 「何も考えずにプレイができ、 ひたすらオモシロイ」ゲームですが、今回は 「わざと考えさせられるような」 ゲームにしたのです。反人間の存在や、男の定義などなど・・・ 皆さんが何か感じてくれれば、それで良かったのです。
私がこのゲームで一番気に入っている所は、勅使河原さんとの 「落とし穴」談議で、レッグさんが落ちるシーンです。 勅使河原さんの「じゃあ、落ちたまえ」というセリフが一番 気に入ってます。その次はエイムとクロガネ女史がいい雰囲気になる シーン。こういうの、得意なんです。 最後はやっぱり、 「裏レッグさん」のオチでしょう。 あれは、私の好きな漫画 「お父さんは心配症(岡田あ〜みん)」のクイズの回での タクシーの運転手です。わかった方はいらっしゃるかな!? 私はあの漫画、「りぼん」でちゃんと読んでました。 ちなみに私がこのゲームで一番、気に入らない所は、アオゾウとの対決の所です。 あそこは、少しやりすぎました。でも、そう考えてる人もいるんだと 思ってくれれば、それでいいんです。
吉原エイム
ストーリ内容

突然「聖梵学園」に転校してきた天才少女。 年齢は12才で、なぜかコギャルメイク。
多くの謎を持つ少女で今回のヒロイン的存在。
平和だった「聖梵(セントボン)学園」 に、ある天才少女が転校してきた。彼女の出現により、今まで人気bPだった藤堂マキと 学園を二分するに大アイドル戦争が勃発!
全校生徒を巻き込む大騒動となるのだが・・・?
藤堂マキ
目的
前回からヴィジュアル面を変更し、大人っぽくなった学園の マドンナ。
何を隠そうレッグさんの本命。
今回はヒロインではないが、重要な存在には変りない。
今回もまた「称号」を集めることが目的である。
最終的には「男の中の男」になってマキを迎えに行くというモノだ。
今回の「テーマ」は「ダンディズム(男の道)」だ。称号は「男のスキル」として重要なアイテムと なる。もちろん戦闘の時に使用するコトが可能だ。
トンでもない結末に思わず感動しちゃうぞ!
「レッグさん3」!
今回のテーマは「幸せ」でした。 いきなり、ネタばらしをしますと、最後の最後に校長先生がレッグさん達に、 「幸せ」の定義を教えてくれますが、 その定義の元ネタは僕が好きな 「佐々木マキ」というガロとかで、 ナンセンス漫画を書いていた人の作品の影響というか、 ほとんどそのまんまです。
とにかく、この作品は少年漫画っぽくて、自分でも恥ずかしいのですが、 前半に出てきたキャラクタが話が進むにつれ、意外なむすびつきによって、 つながっていったり、後半になるにつれ、展開がバタバタとめまぐるしく変ったり する所とか、自分でも非常に気に入ってます。
私が、この作品で一番気に入ってるシーンは、ルーシーが本性を発揮する所でしょう。 その後の遥(はるか)ちゃんとルーシーのやりとりや、雅(みやび)くんのセリフがまた オモシロイです。
とにかく、この話を作っていたときは、僕は理論物理学にハマっていたので、 「公式」とか 「4つのチカラ」とか 「エントロピーの法則」とかいっぱい 出てきたと思います。物語では「公式」が重要なキーポイントとなっていますが、 これを期に、皆さんも理論物理学(とくに量子力学)などに興味を持って頂いて、 少し本など読んで頂くと、この物語がいっそう面白くなると思います。
今回でチカラを入れたのはキャラクタとストーリですが、 絵のタッチを少し変えました。気付きましたか!? それは 「輪郭の黒をなくした」という事で、 妙に立体感が出ています。 私は実は、 「絵を描く人がいないので、しょうがなく描いている」 (いまだに最初から入っている普通のペイントソフトを使っている。) ので、あまりコダワリもギジュツも持ち合わせていません。 この作品の絵が私の中で一番、劇画っぽいと思います。 それから、私の描く絵がドンドン、アニメっぽくなっていくのが、わかるでしょう。
とにかく、いい話なので(もちろんギャグもテンコ盛り)まだやってない という人は全裸でダウンロードだ!!!
ラジエルE子
ストーリ内容

突然、レッグさんの目の前に現れた 「おちこぼれ天使」
自分でも恥ずかしいくらいマンガっぽいキャラクタ。
レッグさんと卍丸の前に突然、現れた天使が無くしてしまった「正義」の称号を 探してくれと言ってきた。しかしストーリは思わぬ方向へ・・・?
簡単すぎるストーリ説明ですが、これ以上は言えません。 とにかく先の読めない展開と次から次へと起こる「事件」・・・「謎」・・・ 先を読むのは不可能です。
クリーミィ嵐
解説
聖梵学園ギャルゲット部長。
とにかく豪快な男。
今回の最重要キャラの一人。
今回は「称号」「戦闘シーン」 は一切、ありません。その他、目新しい機能の全く無し。それだけストーリとキャラクタに魅力が あります!今回の「テーマ」は「幸せ」 です。レッグさん本来の不条理ギャグは控えめで、普通の 「少年マンガっぽいギャグ」が多いです。 「ドタバタ恋愛チックな展開」あり、 「空想科学SF展開」あり、 「時代劇風人生観」あり、 「青年雑誌っぽいメロドラマ」あり、とにかく 心あたたまる、作品です。


ファンクラブTOPへ
ゲームダウンロードABCオロチTOPへ

Copyright 2000 abcoroti Co.,ltd.