天界ついて
「レッグさん5」に出てくる天界は、いわゆるキリスト教的な西洋的天国だ。 そこにメタトロンA子という最高神が存在する。 しかしレッグさんマニアの方なら知ってると思うが、メタトロンのいる天界は 「第7天」と呼ばれている。 (「2」でレッグさんが死んでからメタトロンが出て来た時、 「ここは第7天じゃ」と言った。「2.5」で称号裁判所は第7天にあったなどなど・・・) つまり数ある天界の中の7番目にすぎないのである。要するに、どこかに仏教的な天界(極楽浄土)や、 ヒンドゥー的な天国などがあるのもと推測される。
われわれ日本人は人が死んだら天国か地獄に行くと思っている。 しかし西洋は違う。人が死んだら「復活の日」まで待っていて、 その後「最後の審判」を受けて生き返り、天国や地獄に行くらしい。 要するに、生身の体で行くワケだ。したがって人が生まれ変わるといった、 輪廻転生説は否定されている。レッグさんの世界では、そこがゴチャマゼになっているので要注意だ!
天使について
レッグさんワールドの天使の位は「9階級」ある。上から 熾天使、智天使、座天使、主天使、力天使、能天使、権天使、大天使、天使と なっている。これは「聖梵学園エンジェル部」にも出て来たから皆さんは当然ご存知だと思う。 その頂点に最高神である神天使メタトロンA子が存在する。
そもそも「レッグさんワールド」では、天使は超人間と呼ばれる人間である。 これは設定のページを見てもらったらわかるだろう。 では今から、紹介していこう。
メタトロンA子
レッグさんワールドの最高神。いつも天国城の「神の間」にいる。 限られたごく一部の天使のみ、彼女の御前(みまえ)に立つ事が許されている。 性格はものすごくワガママで、気分屋さん。 いつも部下の天使たちを怒鳴り散らしているので、怖がられている。
ちなみに彼女に会った事のある人間は、レッグさんと卍丸のみである。 レッグさんにいたっては「2」で彼女を倒している。
サンダルフォンD子
メタトロンの双子の姉。なぜ姉の方が神天使にならなかったのかは不明。 しかし「裏の天使」の長である事から、自ら表に立つ事を嫌い、 裏の存在になったと推測できる。性格は冷静で思慮深く、温厚。 「裏の天使」とは、例えるなら天界のCIAの構成員だと 思ってくれれば良い。
ちなみに作者が4番目に考えた天使だから下の名前は「D子」となった。
ミカエルA助
神がつくりし最強の天使。3大天使の1人で軍事、外交などを担当。 性格はものすごく軽くて、いい加減。怖いモノ知らずで自信家。 でも、さすがにメタトロンに対してだけは敬語を使う。
ギャル男のような風貌で、女たらしで、モテまくる。 マキちゃんのあこがれの天使でもある。
ガブリエルB助
3大天使の1人でメタトロンの側近中の側近。主に政治などを担当。 メタトロンの命令を皆に伝えたり、上級天使たちを取り仕切ったりする。 実際、天界の政治は彼が中心となって行われている。 性格は気難しくて寡黙。和尚さんタイプ。というか天使のくせに見た目も和尚さん。
ラファエルC助
3大天使の1人で自由を愛する天使。環境改善、開発などを担当。 基本的には仕事が嫌いなので雑用など自分から買って出ては適当にこなす。
性格は優しくて礼儀正しい。とにかく爽やか。しかし意外にも ミカエルに負けないくらい女たらしだったりする。
ウリエルB子
前の3人にこのウリエルを加えて4大天使とも呼ばれている。 司法担当で、犯罪者の取り締まりから裁判まで全て仕切っている。 性格は気丈。用心深くて狡猾。賢くてプライドが高い。
ケーサツ天使の長。ケーサツ天使とは天界の警察の事だ。 彼らは「裏の天使」と反目しているらしい。
その他にも、イスラフィルC子、サリエルH子、ルシフェルI子、 など大勢の天使がいる。 ちなみに「3」に出て来たラジエルE子、レミエルF子などは、 上に挙げた天使たちと比べたら、ぜんぜん下の階級の天使である。


ファンクラブTOPへ
ゲームダウンロードABCオロチTOPへ

Copyright 2000 abcoroti Co.,ltd.